体の健康と歯の繋がり|安心安全歯科クリニックガイド

医者

すきっ歯は歯周病になりやすい

歯列矯正

出っ歯や叢生、受け口、すきっ歯で悩んでいませんか?この状態であるならすぐに多治見市の矯正歯科を利用するといいでしょう。
すきっ歯は、空隙歯列と言われ、歯と歯の間に隙間がある状態です。特に前歯に良く見られていることで、正中離開と言われ、多く見られるすきっ歯です。こういった状態も矯正治療を受けることで完全できるのです。

すきっ歯になる原因としていくつかありますが、生まれつき歯の本数が少ないことや上唇から前歯の付け根までヒダが下まで伸びてしまっていると前歯に隙間が出来てしまうことがあります。
このようなすきっ歯になっていると食べ物が詰まりやすく、虫歯や歯周病になりやすくなっています。正しい歯並びになっていると歯と歯がしっかりとくっついているので隙間がなく、食べ残しが挟まることが少ないです。
歯の隙間ができている状態では、食べかすが残り、そこから細菌が増殖し、歯茎が炎症を起こしてしまうこともあります。さらにその状態を放っておくと歯周病に進行してしまうのです。
この状態を改善するためにも多治見市の矯正歯科で治療を受けることが大切になります。
多治見市では多くの矯正歯科があります。歯科によっては行なう治療などが異なってくるので前もってどの歯科がいいのかを調べておきましょう。さらに、矯正歯科での治療は保険が効かない場合もあります。そのため、歯科によって治療費が異なります。同じ治療でも数万円も変わって来ることもあるのでしっかりと多治見市にある歯科の中から厳選しておく必要があります。